お金のこと

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、10年以上会計職に就いているマネーの強みを家計に活かし、アラサーで1200万超の貯蓄を達成した家計管理の仕方や節約術をココだけでこっそり教えちゃいます

スポンサーリンク

新着記事>how to

テレビに突然真っ黒な線が出現!最低2万からの修理代・買替費用を浮かせるべく、家にあるものだけでセルフ修理に挑戦→直った!
【キャッシュレス決済】支払い方法を工夫して得をする
2019年3月の楽天スーパーセール買い回りポイントが付きました
あるかないかもわからなかったゆうちょ口座を解約→得たのは●円と…
高校受験&入学準備のスケジュールとかかった費用
+2%還元のkyashリアルカードキャンペーンがライフメディアで再開!

2つの視点・3つの柱で考える

1つめの視点:現状を把握する

家計管理といえば家計簿。

ムリムリ!何度もチャレンジしたけど続かなかったもの!!

わかります!私もかつて何度も挫折しましたから( ・`ω・´)キリッ

でもこの方法なら大丈夫!
ずぼらで3日坊主すらできなかった私でも3年継続することができたので、自信を持って勧められます(*゚▽゚*)

家計簿ルール

2つめの視点:未来を思い描くライフプランニング

『step1:現状を把握する』ために家計簿はつけてるよ~って方でも

『step2:ライフプランニング』までやったことあるよ~という方は少ないのではないでしょうか?

ライフプランニングというのは、

10年後、20年後……どんなライフイベントがあり、お金がどれくらい必要なのかをシュミレーションすることです。

保険会社の方が加入を勧める際に、家を建てようとするときにハウスメーカーの方が営業ツールとして作成してくれることもあります。

私もファイナンシャルプランナーの資格を取る際に勉強だけはしましたが、実際に自分の家庭に当てはめて考えたのは、家を建てることを検討し始めた時でした。

これから先、お金はいくらあっても足りない

実際に家計簿をつけてみて、こんな不安を抱えた抱えてしまいませんでしたか?

逆に、こんな方はいないかな?

家計簿はつけてないけど、将来が不安だからお金はできるだけ貯金してる!

これはこれでとってもスバラシイ(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

ですが……今をちゃんと楽しめてますか?

私は貯金残高を増やすことが目的になって、お金を使うのが怖くなっていました

ちゃんと毎日働いて稼いでいるから毎月一定のお金は入ってくるとわかっているのに、教育費も老後の生活費もあるんだからとにかく貯めなきゃ!そう思っていました。

 

けれど、ライフプランニングを組むとこの先いくら必要で、その必要資金が足りているのかがハッキリとわかるようになります。

そして、資金が足りているとわかれば余裕資金は運用して更なる余裕を作ったり、思い出作りに使ったり。

逆に足りないとわかれば節約への意識が強まりますし、借入や奨学金の検討もしやすくなります。

 

そんなメリットたくさんのライフプランニング、早速作ってみましょう!

ライフプランニング-top

スポンサーリンク
じゅんをフォローする
ゆにろぐ~節約&時短のシンプルライフログ