2019年9月 ゆに家の家計簿

この記事は約6分で読めます。

ゆにろぐは『心豊かに笑顔で暮らす毎日を』目指すゆに家じゅんのログ(記録)用ブログです。年収300万円代ながらも夫婦共働きで年100万以上貯金。

資金援助0で家を建てつつ、アラサーで1200万以上の貯蓄を達成した家計のヒミツや、日々のごはんを赤裸々に公開しています。

詳しくはこちらのTOPページをご覧下さい(*゚▽゚*)


家族構成

夫:38歳(会社員)、妻:35歳(会社員)、長男:16歳(公立高校1年)、次男:11歳(公立小学校6年)

そんな4人家族の我が家の6月の家計簿を包み隠さず大公開です。

スポンサーリンク

4人家族のリアル家計簿│高校生+小学生+30代夫婦~我が家の場合

給与収入380,811
楽天P付与3,897
収入計 384,708
食費計 46,576
水道代(按分)5,560
電気代12,891
灯油
スマホ2台5,070
家のネット+電話5,144
NHK月按分1,166
ライフライン 29,831
子供費月按分34,852
子供こづかい5,500
子供臨時5,120
子供費計 45,472
日用品月按分14,000
車月按分31,239
医療費月按分29,647
衣服費月按分7,500
夫婦こづかい12,000
住宅費月按分101,297
交際費等月按分30,083
その他月按分計 211,766
支出計 347,645
差引 37,063

 

まとめ買いが基本の我が家では、1ヶ月いくらと決めていません。
ずぼらなので家計簿も毎日つけていません。

それでもアラサーで1500万超の貯蓄が達成できたのは、使う項目に合わせた予算管理があるからです。我が家の家計簿の基本的な考え方はこちらの記事をご覧下さい↓

総評

月次収支は37,063円のプラス

食費が先月に引き続き46,576円と控えめ

先月の食費45,530円に引き続き、今月の食費も46,576円と予算60,000円から大幅減!

今月は先月とは違い子どもたちがキャンプや合宿で家を出ているということもなかったし…夏バテかな?

子供臨時費の3,000円はにこにこ出費

子供臨時費が5,120円出ていますが、この内3,000円はにこにこ出費!

出費なのに何で笑顔になれるのかというと…なんとむぅさんが期末テストで学年1位を獲れたからo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ

 

子供の成長は過程を褒めるが鉄則ですが、頑張ったからこその結果にも注目しよう!ということで、高校に入って学年順位が発表されるようになったむぅさんは

学年1位…3,000円
2,3位…2,000円
2,5位…1,000円

定期テストで好成績をとることができた場合にご褒美を用意しています。

これは1教科あたりのご褒美で、2科目目以降はさらに+1,000円ずつプラス

つまり5教科ぜんぶ1位を獲れたら19,000円の大出費になるわけですが、まぁ塾に行く費用と比べたら安いわ(笑)

 

勉強は本人のやる気あってこそのものだという指針のもと、手っ取り早くやる気を引き出せる現金支給です。うまく作用してくれましたね(´∀`*)

ちなみに学年1を獲れたのは、得意の国語。

 

他の科目も相対的に上がってきていたので、引き続き頑張って欲しいものです。

 

大きな支出は『平準化』で赤字の言い訳にしない

特別大きな出費もなかった9月はトントンで万歳の家計をプラスにしてくれました(´∀`)

とはいえ、その特別大きな出費の代表とされる交際費や固定資産税の支払などの支出は、毎月々按分して計上しているので、やはり今月はプラスだったと単純に喜んでいいでしょう♪

 

年が明けて2月も終わろうとしている時期に半年も前の家計簿を公開しているあたりでお察しですが、私は家計簿は毎日ちゃんとつけてません(笑)

毎日コツコツとかが超苦手で、細かいことは無理!

かつては稼いだお金はすべて使い切ってしまう生活をしていました。

 

それでも2018年は1年間で150万円の貯蓄ができるようになったのは、言い訳をしない家計管理をするためのたった一つのルール

【管理しやすい予算】

で家計を管理するようになったからです。

 

チェック日々切り詰めているはずなのに気づくと今月もカツカツ
チェック「今月は結婚式が多かったから」
「先月は急にプリンターが壊れちゃって買い換えたんだよ」
「今月はセールがあったけど、通常価格で買うよりトクしてるもん!」
などと、家計が赤字の言い訳をしてしまう
チェックボーナスが入ると気が大きくなって財布の紐がゆるみがち
チェック毎日家計簿をつけるのはメンドくさい。っていうかムリ!

もしも1つでも当てはまるのなら、それは私と(・∀・)人(・∀・)ナカーマ

是非こちらの記事をご覧くださいね。

 

『ライフプランニング』をしていれば大きな出費も怖くない

黒字なんてあたりまえじゃない

そう思われる方もいらっしゃったかもしれません。しかし我が家はこれから10年間、赤字覚悟の家計なんです。

ライフ

 

我が家の年収は300万ほど。夫婦合わせても700万には届きません。

そこから社会保険や税金が引かれ、手元に入ってくるお金は約470万。そんな状況で、高校・大学と教育費だけで年間100万以上かかる時期に黒字にするのは無理なお話なのです。

 

スポンサーリンク

 

加えて我が家は今年で家を建てて満10年。住宅ローン控除も終わり、同時に家の修理(家具・家電、エコキュート、IHクッキングヒーターなどの買い替え)も控えています。

それも慌てずに構えていられるのは、これから先かかる費用を把握し、子供が小中学生の間は貯めるようにしていたからです。

 

当面の目標は、奨学金を受けることなく大学まで卒業させてあげること。

もちろん進路は子供の自由なので行きたくないといえば行かないでもいいのですが、お金がないことを理由に学ぶことを諦めさせたくないので引き続き頑張りたいと思います。

 

これから先どれだけお金がかかるの?

不安に思われた方は、ぜひ一度ライフプランニングをしてみると良いですよ。

ライフプランニングとは、10年後、20年後……どんなライフイベントがあり、お金がどれくらい必要なのかをシュミレーションすることです。

手前味噌ですが、当サイトでは最短3分未来のお金の動きが見える!オリジナルのライフプランニング表がダウンロードできます。我が家はこのライフプランニングをすることで、赤字家計でも不安にならずに済んでいます(*´∀`)

お金に対する不安が軽くなるので、ぜひ一度作成してみてくださいね。

 

以上、心豊かに笑顔で暮らす毎日を目指すゆに家じゅんのログ
『2019年9月 4人家族のゆに家の家計簿』 でした!

最後までお付き合いありがとうございました(*´∀`*)

 

 

ポチッと応援お願いしますヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 

月次収支
スポンサーリンク
じゅんをフォローする
メリハリ家計の入門書~ゆにろぐ

コメント