11/2(金)公開の映画『スマホを落としただけなのに』を一足先に鑑賞してきました

この記事は約7分で読めます。

ゆにろぐは『心豊かに笑顔で暮らす毎日を』目指すゆに家じゅんのログ(記録)用ブログです。年収300万円代ながらも夫婦共働きで年100万以上貯金。

資金援助0で家を建てつつ、アラサーで1200万以上の貯蓄を達成した家計のヒミツや、日々のごはんを赤裸々に公開しています。

詳しくはこちらのTOPページをご覧下さい(*゚▽゚*)


11/2(金)公開の映画『スマホを落としただけなのに』の試写会が当たったので行ってきましたヽ(・∀・)ノ

先週の『あいあい傘』に引き続き、2週連続の映画鑑賞です(o´艸`)

10/26(金)公開の映画『あいあい傘』を一足先に鑑賞&お土産も頂いちゃいまいた(*´∀`*)
10/26(金)公開の映画『あいあい傘』の試写会が当たったので行ってきましたヽ(・∀・)ノ応募はスマホから観たい映画は特にないけど何か映画が観たいなーってときは試写会に応募します。今回は久々に申し込んだのだけど、舞台挨拶とかない限り結構な確
スポンサーリンク

応募はスマホから

先週同様試写会CLUBさんから申し込みをしました。
当選ハガキが届いたのは10/27(土) 試写会の3日前なので、前回と同じです。

試写会の会場はシネシティザート

静岡市の中心街。地上9階・地下1階のつくりは、静岡市でも大規模なショッピングセンターではないでしょうか。6~8階は駐車場になっていて、映画鑑賞時には3時間無料になるのも嬉しいポイント。もちろん試写会でも無料になりますよ( *• ̀ω•́ )b

セノバは試写会含めて全席指定なので、いい席で見たければ早めに予約を。が、残念ながら試写会の予約はネットからはできないので、直接シネシティザートに足を運ぶ必要があります。

スマホを落としただけなのに 試写会

私はお昼休みを利用して発券に行ったのですが、もうちょっと高めの(I・J・K列あたり)の真ん中付近(8~11)は全滅でした。

 

主催は静岡新聞社・静岡放送とシネシティザート

申し込みサイト@S(アットエス)を運営している静岡新聞。我が家は新聞とってないですが、県内シェアは40%を超える静岡で一番メジャーな地方紙です。

新聞折込希望者必見!静岡県の新聞購読シェア|激安・格安のネット印刷【ラクスル】
ネット印刷のラクスル(raksul)が特集している都道府県別の新聞購読シェアのページ(静岡県版)です。静岡県の新聞購読シェアや人口・世帯数等の基本情報など静岡県での新聞折込をご検討中の方が参考にしたい情報をまとめています。

サイトも地元密着なので、見たい映画を選択すると上演映画館と時間が一覧で出てくる。

例えば先週試写会に行って先週金曜から公開の『あいあい傘』を見てみると、こんな感じで表示されます。

@s 上映情報

静岡人ならこれは便利なのでオススメしとく!

静岡 映画・映画館 |静岡新聞SBS-アットエス
静岡県で上映される映画作品や映画館情報をご紹介する静岡新聞社の情報サイトです。上映作品、上映時間、映画館情報が満載。

あらすじ

私の全てが壊されていく――。

「――あなた・・・誰ですか?」

都内に住むOL稲葉麻美は、ある日彼氏である富田誠のスマホ(スマートフォン)へと電話をかける。しかし電話の相手は富田ではなかった。富田はスマホを泥酔の末に紛失していたのである。その後、謎の男が富田のスマホを拾い、電話をかけてきた麻美と言葉を交わした。謎の男は富田のスマホの着信履歴と、富田のスマホの待受画面に設定されていた2ショットから、電話をかけてきた麻美の顔と名前を特定。男が麻美に異常な興味を持ったことから、稲葉麻美の運命は徐々に狂い始めていく・・・

概要

2016年、第15回『このミステリーがすごい!』大賞で最終候補に残った作品。加筆修正され、2017年4月に刊行された同タイトル小説が原作で、作者である志駕晃先生のデビュー小説。

小説は読まないなぁって方はマンガ化もされているようなので、そちらをどうぞ。

そんな『スマホを落としただけなのに』を、「リング」の中田秀夫監督のメガホンを取っています。

リング、怖いですよね。話の詳細は覚えてないけど、怖かったことだけはちゃんと覚えてる。ちょっとまこさんに見せたい(笑)

 キャスト

稲葉麻美 – 北川景子
加賀谷学 – 千葉雄大
小柳守 – バカリズム
武井雄哉 – 要潤
杉本加奈子 – 高橋メアリージュン
大野俊也 – 酒井健太(アルコ&ピース)
天城千尋 – 筧美和子
毒島徹 – 原田泰造(ネプチューン)

主題歌

ポルカドットスティングレイの歌う『ヒミツ』

失礼ながら知らないアーティストさんだったのですが、メロディがとても映画とマッチしていていい感じ!

感想

これはね、一言で言って「この記事を見た全ての人に見て欲しい!」って作品。インターネットというものの便利な面と怖い面とが前面に出ていて伝わってくる。リアルでありながらフィクションの要素も忘れずに、けれど身近すぎる故に実際にこんな事件起きるんじゃ…いや、もしかしたら自分が知らないところではもう起きているかもしれないと思う。

まずタイトルの『スマホを落としただけなのに』
私にとってスマホっていうのはなくてはならない存在で、お財布であり連絡手段であり自己管理をするツールであり…と本当に多岐にわたるので”だけ”じゃないだろヽ(`Д´)ノ とツッコミ感満載だったのです。冒頭彼氏がタクシーにスマホを置き忘れてしまって、それを拾った人が待受にしていた彼女に一目惚れ(?)。携帯のロックを解除してSNSアカウントのパスワードもクリアして乗っ取りして…となるのですが、そのパスワードが誕生日だったり_| ̄|○ それあかんヤツや!!と自業自得感に頭が痛かったのですが、そこからの展開がもう…っ!友達リストからその友達になりすまし、パスワードが解除できなければ公式を装った不正ログインを検知→パスワードを変更してくださいのメール送りつけでパスワードGETとか。どれも聞いたことはあるし知識としては知っていたけれど、実際に犯罪に使おうと思えばいくらでも使えるなっていうのがリアルに突きつけられる。

先日友人のところにも「yahooから不正アクセスの可能性があるからパスワード変更してくださいってメールが届いたんだけど、変更したほうがいいの?」と相談を受けたばかりだったので(゚∀゚)キタコレ!! 状態。本当にあるんですよ、この流れ。全力で止めて公式サイトにアクセスしてそこから変更するように言ったけど、下にURL書いてあったらクリックしたくなる気持ちはわかる。

結果もちろん犯人は捕まるのだけど、追い詰めた警察の方が犯人とすごく近い素質の人だというのもまたツボ。犯人はもちろんその犯人を追い詰めたフリをするのも警察の人も、技術としては同じ技術を使っているから、使う人によって正にも邪にもなる技術なのだとはっきりわかります。そして似た環境で育った二人がどんな人生を歩むか選択をするのもまたその人次第なんだっていう…あ、コレ北川景子とその亡くなった友人にもかかってるのか!今記事書いてて気づいたわ。すげぇ!∑(゜∀゜)

たとえば親から虐待を受けて育った子供が親になったとき、必ず自分の子供を同じように虐待してしまうか?というのは、同じように虐待してしまうケースもあるけれど、そんな過去があるからこそ努力して真逆に愛情を注ぐ親もいるわけで。統計としてなりやすいとかいう事実があったとしても、必ずそうなるわけではないんだよね。つまり受け取り方しだいというわけ。このへんはアドラー的考えだね。

あ、あと友達の紹介する友達は信用するっていうの!あれはSNS上でも成り立つんだね。まぁリアルだろうがネット上だろうが人と人との繋がりにおける人の心理状態なのだから当たり前かもしれないけれど、それってつまり無意識下のことだからね。指摘されなきゃ気付けない。それってネット上では怖いことなんだってやっぱり認識しておいたほうがいいことだと思う。疑ってばっかりっていうのもつまらないし切ないものを感じる部分でもあるけれど、私はそれくらいでちょうどいいんだと思う。

って頭がブワーってなってるところで勢いのまま書いたからわけわかんない感想かもだけど、とにかく観て!これは絶対観て!!映画館で観てとまでは言わないけれど、とりあえず我が家ではむぅさんが高校受験終わったらスマホ持たせる予定だから、その前に絶対観せたいと思った。っていうか、見せなきゃっていうもう義務感。各サイトとか消費者庁とか政府とかあっちこっちでパスワードは全部別々にしろとか誕生日・住所・車のナンバーなど予測しやすいものにするのはNGとかつらつら書いたビラとか配るけど、そんなのよりよっぽど説得力あるから!これは全力でオススメしたい映画。明日会社でも宣伝してくる!(笑)

ところで高橋メアリージュンさんは先週の『あいあい傘』にも出ていましたね。そちらの作品とはまた印象が違って、けれど共通するらしさを感じられる役どころがよかったです。あと原田泰造。彼バラエティだけじゃなく結構俳優業もやっている気がするのだけど、気づけばいるって感じでクセが強くなく馴染んでくれるよね。まぁあまりバラエティ見ないから印象に残ってないだけかもしれないけど(;・∀・)

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』公式サイト
日本中を震撼させた”あの”衝撃作が、”まさか”の続編映画化!映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』2月21日公開 監督:中田秀夫 出演:千葉雄大 白石麻衣 成田凌 井浦新 鈴木拡樹

公式サイトからセキュリティ意識をチェックできるスマホマナーサイトというものが見られるので、映画館までは観に行かないけど…という方にも是非見ていただきたいです。でも作品自体はDVDになってからでもいいから絶対見て欲しい。

ポチッと応援お願いしますヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 

懸賞当選
スポンサーリンク
じゅんをフォローする
メリハリ家計の入門書~ゆにろぐ

コメント